不動産投資のデメリット

世の中美味しい話だけではありません、メリットがあればデメリットもあります。これを知っておけば物件選びの参考にも出来るでしょうし、あらかじめ対策を建てる事ができるかもしれません。ここではそんな不動産投資のデメリットについて調べて見ました。

デメリット

自然災害

これはデメリットと言うよりもリスクという言い方の方が合っているかもしれませんが自然災害によるデメリットです。

この自然災害というのは突然、何の前触れもなくやってきます。そしてその被害によって物件が破損したり建物自体の価値が下がってしまう可能性もあります。

建物が無くなってしまえば、当然ですがそれによって得ていた、収益は無くなってしまいます。

物件には、火災保険がかけられていますが、地震による火災の場合などは火災保険の対象外になってしまうそうです。地震保険も、入っていてもその保証に一定の制限が合って全額保証がされると言うわけではないそうです。

しかしこの危険はどうする事も出来ませんね。地球に八つ当たりしてもしょうがないですからね。

物件の老朽化

人が生まれてから死に向かって生きるように、建物も時間が経つにつれてどんどん老朽化していきます。あまり古すぎる物件の場合、入居者がなかなかいないというような事にもなりかねませんので、注意が必要です。

しかしこれは、物件を選ぶ時に見てみたり、自分で購入した後に修繕する事が出来るので、あらかじめ対策が立てられるデメリットでは無いでしょうか。

空室

これは難しい所です。不動産の場合、近所の入居率などから大体の相場は予測出来るそうなのですが、確実というわけでは無いでしょうし、心配になります。

またこれからはどんどん競争も激しくなるようです。立地・デザイン・間取り・防犯・管理・貸し方・賃料など色々と工夫して投資を考える事も必要になってくるのでしょうか。この空室が多くなる原因に立地と家賃設定があるそうです。それは自分で調べるか不動産屋さんに聞いてみるしか無いですかね。

いずれにせよ、このリスクはどの物件にしても、ある程度の予想は立てることが出来たとしても、あると言うことは頭に入れておかなければ行けないですね。

金利の上昇

ローンを使って不動産投資をしている場合に気を付けなければならない事のようです。

変動金利でローンを組んでいる場合に、返済額がアップしてしまい、物件の利益だけでは追いつかずに、お金を返済して行かなくてはならない可能性もあるそうです。

ですので返済期間を短く設定する、繰上げ返済をする、固定期間を長くするなど、リスク対策も必要になってきますね。

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2017/9/22